脱毛クリニック+永久脱毛

照射漏れがあったときは?脱毛クリニックでの対処法

 

脱毛レーザーで脱毛したのに、施術部位のムダ毛が抜けずに残ってる…。あれ?前に脱毛してもらった時は、2週間ほどでスルリと抜けてくれたのに…これってもしかして照射漏れ
脱毛し始めは、自分で判断できない場合もあるかと思います。
照射漏れが起きた場合はどうすればいいのでしょうか?

 

 

そもそも、照射漏れはどうして起こるの?

脱毛するために体の複雑な形に合わせて、まんべんなくレーザーを照射するには、脱毛担当者の高い技術が必要です。やけどや照射漏れのないよう体の部位や、患者1人1人にあった施術を行わなければならないのです。 
ここは、技術や経験の差が大きく出るところ。

 

 

人の手で脱毛の施術を行っている限り、照射漏れはありえないことではないのです。
凹凸が激しい場所、特にVIOやヒザ小僧などの部位が脱毛機器の照射口を当てにくく、照射漏れが起こる可能性が高い部位です

 

毛が残っていても照射漏れではない場合

  • シミや色素沈着があった場合
  • クリニック側が、その部位を意識して避けて、レーザーを照射していなかった。

  • ホクロがあった場合
  • ホクロがあった時も、レーザーを照射することが出来ず、ホクロが当たらないようにする場合がありますが、その際はクリニック側から説明があるはずです。

 

 

照射漏れを判断するには

医療レーザーによる脱毛を受けて毛が自然と抜け落ちるのは2週間、遅くても3週間ほど経ってからです。
すぐに抜けない理由
レーザーで毛根は破壊されるのですが、毛乳頭に蓄えられている毛を作るための組織が残っているので、しばらく毛自体は成長を続けます。それが止まるとやがて毛はゆっくりと抜け落ちていきます。その期間がだいたい2週間かかるのです。

 

この期間を過ぎても残っているようならば照射漏れを疑っても良いと思います。自分では判断できないな…と思ったときは、一度脱毛クリニックに相談してみましょう。

 

 

 

どんな感じに残るのか

照射漏れがあった時、毛は1本や2本が残るということはありません。レーザーを当てる際機器によって照射口の大きさに違いはありますが、小さな照射口をずらしながらレーザーを当てていきますので、照射漏れがあった場合ある程度まとまった範囲の毛が残ります

 

この毛の残り方で、照射漏れと判断することも出来ます。

 

 

照射漏れと思ったら

2週間ほど経って照射漏れかな?と思った時は、脱毛クリニックに連絡しましょう。
照射漏れの保証がある脱毛クリニック、または良心的な脱毛クリニックであればすぐに対応してもらえます。

 

この時脱毛してから3週間後以内にとか、4週間以内になどの再照射期日が設けられているところもありますので注意が必要です。

 

再照射ですが毛周期にずれが生じてしまう可能性もありますので、連絡で照射漏れの旨を伝え、できるだけ早めの対応をしてもらえるようにしましょう。

 

 

その他判断の目安にもなりますので、照射漏れと思われる部分の写真も撮っておくのも良い方法です。

 

写真を撮って証拠があるからと、その部分を剃ったりなどの自己処理しないようにしましょう。変に毛が残って気になると思いますが照射漏れと判断してもらうための要素は、残しておくことが重要だからです。

 

 

 

>>>脱毛クリニックでの思わぬリスク…どんなことがあるの?

 


最短8ヶ月で全身脱毛完了!しかも驚きの価格


最短8ヶ月で全身脱毛完了
脱毛料金以外追加料金ナシ+手厚いサポート

全身26箇所全5回コース今なら税別189,000円 レジーナクリニック

トップへ戻る