脱毛クリニック+永久脱毛

知らなきゃ後悔する!?自己処理による皮膚トラブル

 

今や美容や、身だしなみの一部となっているムダ毛の処理ですが、自分の肌の一部を傷つけてしまっているということを、常に認識しておきましょう。特に時間もお金もかけたくないからと、自己処理をする場合は注意が必要です。

 

万が一にも色素沈着などが起きた場合、治すのに長い年月が必要になりますし、できた場所によってはずっとその場所を隠すような服しか着れなくなってしまった…なんてことにもなりかねません。

 

ここではムダ毛の自己処理によって後悔しないためにも、起こり得る皮膚トラブルを御紹介します。

 

 

埋没毛

カミソリや、毛抜きで処理した後、新しい毛が生えてくる前に、新しい皮膚が出来てしまうと、次に生えてくる毛が皮膚の下から出られずに埋まったままになってしまいます。

 

これが埋没毛です。

 

放置しておくと、新しく生まれた毛が、皮膚の外に出ようと、周りの組織を傷つけ、そこが化膿して、毛嚢炎を起こしやすくなります。
埋まった毛を針やピンセットなどで無理やり出しても、再び埋没毛になってしまった…という事もよくあります。

 

このような事を繰り返してしまうと、色素沈着を起こすことにもなりかねないので、埋没毛は無理につついて出さないようにしましょう。
埋没毛になった箇所が炎症を起こし、膿み・痛みなど、症状がひどくなった時は、自分でいじらずに病院に行くようにしましょう。

 

 

毛嚢炎

カミソリや毛抜きなどで処理した後にできることがあります。
処理後の毛穴の中が傷つき、そこにブドウ球菌が侵入して起こる炎症を言います。

 

顔にできたものをニキビと呼び、体にできたものを毛嚢炎と呼びます。
赤いブツブツができた状態が一般的ですが、中にはニキビのように白い膿ができる状態になることがあります。

 

 

瘢痕化

肌は傷がつくと、修復しようと新しい皮膚を作りますが、この新しい皮膚のことを瘢痕といいます。この新しい皮膚は、前よりも固くなります。

 

毛抜きでムダ毛処理を続けていると、肌がこれを繰り返すことになります。
その結果、肌がよれたり、毛穴がぶつぶつとチキン肌のように、目立ってしまいます。

 

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、肌が刺激を受けることにより炎症が起こり、その刺激でメラニンが作られて、シミになってしまうことを言います。

 

自己処理で毛嚢炎を起こし、その後がシミとなって残ることがあります。
慢性になるほど、色素沈着も濃くなってしまうので、頻繁に自己処理が必要なカミソリでの剃毛や、毛嚢炎を引き起こす恐れのある毛抜きによる抜毛は、注意が必要です。

 

 

やけど

家庭用脱毛器で起こるトラブルです。 

 

デリケートな部分に高い出力レベルをあててしまうなど、照射レベルの設定ミスによるもの、効果を実感できないからと同じ場所に何度も照射してしまったり、シミやホクロ、タトゥーのある部分にうっかり照射してしまうことで、やけど肌になってしまいます。

 

今や家庭用脱毛器の種類はとても豊富です。
使う前に必ず、面倒臭がらずに説明書をしっかりと読み、正しく使用することを心がけましょう。 

 

肌荒れ・乾燥

ムダ毛の自己処理全てにおいて起こるのは、肌荒れと乾燥です。
カミソリや脱毛テープ、薬剤を使う処理方法は、特に皮膚の表面にある表皮を削ってしまい、ダメージを与えてしまいます。

 

皮膚を保護してくれている表皮を削ってしまうので、お肌のバリア機能が弱まります。
肌表面から潤いが逃げてしまい、結果、乾燥が起こってしまうのです。

 

 

お肌の乾燥は、乾燥による肌荒れはもちろんのこと、ニキビやシミ・シワなどにもつながりますので、ムダ毛の自己処理の際は、プレケアで極力肌表面にダメージを与えることを少なくする、アフターケアでの保湿を、しっかりすることを忘れずに!

 

 

 

>>>脱毛クリニック体験談、実際みんなどんな感じ?


最短8ヶ月で全身脱毛完了!しかも驚きの価格


最短8ヶ月で全身脱毛完了
脱毛料金以外追加料金ナシ+手厚いサポート

全身26箇所全5回コース今なら税別189,000円 レジーナクリニック

トップへ戻る