脱毛クリニック+永久脱毛

自己処理 家庭用脱毛器で永久脱毛は出来る?

家庭用脱毛器で永久脱毛できるとうたっている商品もありますが、永久脱毛効果のあるレーザーは医療機関でしか使うことが出来ません。
永久脱毛というと【一生処理したムダ毛生えてこないことを言う】と思っているかもしれませんが、実際はそうではなく、処理した後1ヶ月以内に生えてくる毛が再成立を20%以下であるという定義があり、それに当てはまると、永久脱毛といえるのです。

 

ですので、家庭用脱毛器やサロンで永久脱毛できるとうたっているものは、生えてくる毛が細くなってきたり、ほとんど生えてこなくなる、という認識にしておいたほうが無難です。

 

 

家庭用脱毛器には種類があります

 

 

脱毛したい箇所・範囲、かけられる時間、機器のコスト面などを考慮に入れて、使いやすいものを選び、自分の肌にあった使い方をすれば、効果は得られます。
しかしどの種類でも言えますが、やけどのリスクがありますので、説明書をよく読んで使い方をしっかり把握してから使用するようにしましょう。

 

 

レーザー方式

医療機関の機器よりも威力を下げたものが販売されています。
毛の中の黒い組織(メラニン組織)に反応し、根毛にダメージを与えてムダ毛を処理します。
回数を重ねるごとに徐々にムダ毛を細くしていき、生えてくる期間も段々と長くなっていきます。

 

 

光の力を集約して照射する、いわゆる一点照射型ですので、
広い範囲を処理するには時間がかかり、個人差はあれど痛みもあります。

 

また、ホクロやシミ・タトゥーの入った部分、日焼けした肌にも反応するため、家庭用のものは安全性を考えて、医療用のものと比べ威力を弱めているとは言えど、やけどには注意が必要です。

 

効果を得られてないと思い、何度も同じ場所に照射してしまったり、出力レベルを上げ過ぎないように注意しましょう。

 

 

フラッシュ方式

フラッシュ方式は、光のエネルギーをあて、毛根にダメージを与えてムダ毛を処理する方法です。
この方法は、広い範囲に光が分散されるのでレーザー方式とは違って、痛みややけどの心配も少ないです。

 

照射範囲が広いということは、1回の処理にかける時間も、ショット数も少なくて済みますので全身脱毛に向いています。
家庭用脱毛器の中では、いま一番売れているのがこのタイプのものです。
効果はレーザー方式に比べると、緩やかですので、それなりの回数は必要になってきます。

 

注意点としては、同じ箇所を何回もしないように心がけていても、範囲が広く照射されますので、お肌の中では重複されてしまい、やけどを起こすこともあります。

 

 

サーミコン方式

熱線(サーミコン)による脱毛方式です。

 

ムダ毛の接触部分を熱処理で毛先を丸くカットして処理しますので、カミソリでカットした後のような、チクチク感はもちろんありません。

 

どちらかと言うと脱毛器というよりは、除毛器に近い方法です。
濃いムダ毛よりは、薄い無駄毛の処理に向いているので、他の脱毛器と併用して使用し、薄いムダ毛の箇所にだけと、部分的に使い分けるのも、賢い使い方ともいえます。

 

直接肌に触れにような仕組みになっていますが、強くあててしまうとやけどになってしまうので注意が必要です。

 


家庭陽脱毛器はどの種類にも言えること、やけどのリスクが伴いますので、説明書をよく読んで、使い方をしっかりと守りましょう。

 

脱毛後は、アフターケアが必要ないとあっても、しっかりと冷やし、保湿ケアを必ず行うようにしましょう。

 

 

 

>>>知らなきゃ後悔する!?自己処理による皮膚トラブル

最短8ヶ月で全身脱毛完了!しかも驚きの価格


最短8ヶ月で全身脱毛完了
脱毛料金以外追加料金ナシ+手厚いサポート

全身26箇所全5回コース今なら税別189,000円 レジーナクリニック

トップへ戻る