脱毛クリニック+永久脱毛

自己処理で最もアブナイ!?抜毛する事

 

抜毛はトラブルがたくさん!

 

抜毛は文字通り、毛を抜くことです。
自己脱毛方法では一番肌に負担をかけてしまう方法です

 

生きている毛を引き抜くということですので当然痛みもありますし、出血もあります。
見えなくても毛穴の奥では出血しているのです。
その、傷めてしまった毛穴の中に菌が侵入して皮膚トラブルを引き起こしてしまう事も少なくありません。

 

毛抜き

1本づつムダ毛を抜く方法で、非常に手間がかかります。
痛みもありますし、一つの毛穴からムダ毛が複数生えてきた!なんてことも。

 

その上、皮膚トラブルが多いのも、この方法です。
特に長く続けていると毛穴がブツブツ鳥肌になってきます。

 

 

ワックス

温めたワックスを脱毛したい所にぬってその上にシートを押し付け、ワックスが固まったら一気に剥がします。ワックスにより肌が暖められ、毛穴の奥まで柔らかくなります。
根本までしっかりと塗る事により、ムダ毛がちぎれることなく毛根からしっかりと抜けます。

 

抜いた後の肌も、ワックスによる保湿効果により肌への負担はテープ式より少なくなりますが、広範囲のムダ毛をいっぺんに抜き去りますので当然痛みもかなりあります
この痛みのせいで、処理を続けることが出来なかった…などの声もありますね。

 

トラブルも広範囲に広がる可能性があります。

 

 

テープ

テープを脱毛したい所にペタッ!剥がすことで一気にムダ毛を抜きます。
ワックスと違って、テープの粘着剤がムダ毛の根本にしっかりつかないまま剥がしてしまい、途中でムダ毛が切れてキレイに脱毛できないことも有ります

 

その際続けて同じ所を処理するのは、お肌へのダメージと剥がす際の痛みの事を考えれば、とてもじゃないですが出来ませんよね…。 
脱毛テープは、ある程度の慣れが必要です。

 

剥がす時に一緒に皮膚表面の角質もはがれてしまうので肌荒れを起こし、肌がカサカサになりがちです。

 

 

家庭用脱毛器=ローラータイプ

今は色々と家庭用脱毛器が出ておりますが、こちらのページでは、毛をはみこんで抜くローラータイプの物をあげさせていただきます。

 

こちらのタイプは毛の流れと関係なく、数本まとめてムダ毛を無理やり引き抜きます。
毛抜きよりは処理に時間がかからなくてすみますが、痛みもひどく埋没毛を起こしてしまう可能性が高いため、家庭用脱毛器の中では選ばないほうが無難です。

 

ムダ毛を抜くだけで、生えてくるムダ毛を薄くするなどの効果はありません

 

 

 

>>>自己処理 お手軽簡単方法!剃毛…でもちょっと待って!

 

最短8ヶ月で全身脱毛完了!しかも驚きの価格


最短8ヶ月で全身脱毛完了
脱毛料金以外追加料金ナシ+手厚いサポート

全身26箇所全5回コース今なら税別189,000円 レジーナクリニック

トップへ戻る