脱毛クリニック+永久脱毛

脱毛クリニック お酒やお薬を飲んでいても脱毛できる?

脱毛前後にお酒を飲んでも大丈夫?

 

脱毛前のお酒
アルコールの利尿作用により体の水分は失われ、お肌は乾燥状態に向かいます。

 

お肌が乾燥し、普段より敏感になった状態で脱毛することにより、やけどをしやすくなります。

 

その他にも、普段感じることのなかった赤みや痒みが出る。痛みをいつもより強く感じるなどの症状が出る場合があります。

 

 

脱毛後のお酒
レーザー脱毛は、熱を与えて根毛を処理しますので、実感できなくとも肌は軽く炎症を起こしています。
その上、お酒を飲むと血行が良くなって体温が上がります。
血行が良くなると毛穴が開きますので、そこから菌が入ってさらに炎症を起こす場合もあります。

 

軽い気持ちで飲んでしまい、脱毛した部分を見てみるとびっくり!
毛穴が全て赤くなってプツプツして、しかもだんだん痒みも出てきた!なんて事も…。
この時に我慢できずに掻きむしってしまえば、それこそその傷を治すのにも時間がかかってしまいます。

 

こんな事にならないためにも施術後もお酒を控えるのが賢明です。

 

 

※アルコールによる肌の乾燥は、脱毛効果も低下させてしまう事もあります。

 

脱毛する前後はお酒を飲むのは控えましょう!

 

 

 

お薬を飲んでいても大丈夫?

 

お薬を服用している場合は、市販の軽い薬だから大丈夫!と思っていてもその日の施術を断られる事があります。

 

市販の風邪薬や痛み止め、塗り薬や湿布薬でさえ脱毛出来ないと言われる事もあるのです。

 

お薬と脱毛機器のレーザー光による相性次第で、光線過敏症を起こしてしまう可能性もあります。

 

ピルなどの女性ホルモン剤を服用している場合には脱毛効果に影響が出て、全く効果を得られなかったり、まれに色素沈着を起こすこともあります。

 

カウンセリング時にクリニック側から必ず聞かれる項目ではありますが、常備薬がある場合はどんなものでも必ず医師に相談するようにしましょう。

 

光線過敏症とは?
日光などの紫外線により出てしまう、皮膚の赤み・かゆみ・水ぶくれなどのアレルギー症状です。光に反応を起こすお薬を飲んでレーザー脱毛を受けると、お薬の副作用で赤み・かゆみ・水ぶくれの症状が出る場合があります。

 

 

最短8ヶ月で全身脱毛完了!しかも驚きの価格


最短8ヶ月で全身脱毛完了
脱毛料金以外追加料金ナシ+手厚いサポート

全身26箇所全5回コース今なら税別189,000円 レジーナクリニック

トップへ戻る